髪と頭皮の洗い方

効果的な頭皮の洗い方

良い育毛シャンプーを利用していたとしても、洗い方を間違っていれば効果が出ないといってもいいでしょう。

効果は人それぞれがありますが、まずはその効果を発揮させるためにシャンプーの洗い方をしっかりと把握しておきましょう。

洗髪の目的を理解しておきましょう。

頭皮の表面に広がった皮脂とそれが変化した脂肪酸などを洗い流すことです。

洗髪で洗い残しが頭皮のトラブルやにおいの元になります。

そのようなことがないように、以下の洗い方をしっかりと意識しておきましょう!

ぬらす前にしておくこと

髪が絡まったまま濡れると絡まりやすくなります。

そのため、あらかじめブラシやくしなどで髪のもつれをといておきましょう。

もつれをといておくと頭皮の皮脂が洗いやすくなります。

スタイリング剤を利用している方は、髪を濡らすときにすすぎながらもつれをとりましょう。

髪と頭皮を十分に濡らしておく

シャンプーを利用する前に、髪と頭皮を十分に濡らしておきましょう。

簡単に濡らすだけではシャンプーの泡立ちが良くないからです。

しっかりと髪と頭皮を濡らしておけば、シャンプーが良く泡立つようになります。

シャンプーの泡立ちによって洗う効果がアップします。

頭皮に広がりやすく皮脂などに届きやすくなりますし、髪同士の間にクッションができ摩擦を和らげてくれます。

髪を傷めないように、頭皮をまんべんなく洗うためには、シャンプーの泡がカギとなります!

頭皮の洗い方

まずはシャンプー液は手のひらに取って広げてから利用しましょう。

直接シャンプー液を頭皮にかけることはやめましょう!

ここがポイント!

手のひらに広げたシャンプー液は、まず洗いにくい頭皮の部分に塗ってから洗い始めるとまんべんなく洗髪することができます。

後頭部や耳の裏などが良いでしょう。

洗っているときは、洗いにくい部分を意識して洗うとまんべんなく洗うことができます。

基本的なことですが、爪を立てて洗わないように、指の腹で少しずつ動かしながらマッサージするように洗うことで、頭皮を傷めることなく洗えます。

洗浄ブラシを利用するなら

洗浄ブラシはこのような器具です。

きっちり洗髪しているつもりでも、汚れやベタつきが残る感じがある方は使用してみてください。

洗い足りない部分を左右に小刻みに動かして利用してください。

洗髪後のすすぎ

洗った後はキッチリとすすぎましょう。

泡が取れただけではすすぎがしっかりできていません!

ヌルつきがなくなるまでしっかりと丁寧に洗わなければせっかくとった汚れが残ってしまいます。

しっかりと自分が思っている以上にすすいでも大丈夫です。

かゆみなどが残っている場合はこのすすぎがしっかりできていない可能性があります。

仕上げのトリートメントとコンディショナー

頭皮に塗るのではなく、髪全体になじませる感じで利用しましょう。

手グシで髪の毛を整えながら塗るようなイメージです。

シャンプーと同じような頭皮を洗う感じで利用しないように!

すすぎに関しては、シャンプー同様に十分にすすぎましょう。

製品によっては、髪の毛に塗布した後にしばらく放置することによって効果を発揮するものがありますので、その用途を理解して使用しましょう。

洗い終わった後

タオルで水気をとる場合は包み込むようにやさしくふき取りましょう。

濡れている髪を整えるときは、目の粗いクシを使用しましょう。

濡れて柔らかくなっている髪をこすり合わせるように水気を取ると傷みやすいので扱いはやさしく。

根本の部分もしっかりとふき取っておくと効率よく乾かせます。

髪の毛が濡れた状態を長くしないように、洗髪後できるだけ早くドライヤーなどで乾かしましょう。

気が抜けて洗い方をおろそかにする場合がありますが、これを毎回心がけて洗っているだけで、より効果的に育毛が成功するでしょう。

出来ていないと、どんなに良い育毛シャンプーでも効果を発揮することができなくなるので、まずは基礎をしっかりと!

多少めんどくさいかもしれませんが、これができる人とできない人で育毛効果に大きな差が生まれますので注意しましょう。