育毛ニュース

脱毛を未然に防ぐ予防7箇条

脱毛を未然に防ぐ予防

脱毛を食い止める方法

どんなに良い育毛剤、育毛シャンプーを使っても基本的な環境で生活していないと効果はほとんど発揮しません。

最低限気をつけることをご紹介しますので、育毛中の方は当てはまる行為を今すぐやめましょう!

頭皮を清潔に

フケやゴミが毛穴に詰まっていると毛根にいいことはまずありえない。

洗髪は毎日からなずやりましょう!(1日2.3回はやり過ぎです!)

洗うのはもちろんですが、洗い流しも注意!十分なすすぎしておかないと地肌を痛める大きな問題となります。

シャンプーをすると抜け毛が多く、気になり十分な先発を怠る人がいますが、1日50本から100本の抜け毛は許容範囲です。

洗髪時の抜け毛を恐れ、不潔な状態でいるよりも抜ける毛はしょうがないと思い気持ちよくしっかり洗うことが大事

タバコは出来るだけ禁煙しよう

頭皮の血行の悪くなる原因の1つは喫煙

頭皮に十分な栄養が届かなくなっている原因となります。

せっかく育毛に必要な栄養を摂取しても、栄養を毛母細胞に運ぶ地液の流れが悪ければ話になりませんね。

土が悪ければ植物は育たない!これと同じ原理

朝起きてすぐにタバコを吸ったり、1日に多くの本数を吸う方は注意が必要

お酒はほどほどに

適度な飲酒は健康にいいと言われていますが、飲み過ぎは間違いなく体、頭皮に悪い

飲みすぎてしまうと体内で必要なタンパク質を作ることができず、毛髪の成長に影響があります。

生活習慣に気をつける

十分な睡眠と正しい食生活

こればっかりは仕事でどうしようもない人がいるかもしれませんが、対応できるなら気をつかって生活しましょう。

昔の人間と現代の人間、ハゲの人が確実に増えているデータになっています。

脱毛は現代病の1つなのです。

ストレスをためない

難しい対策になるかもしれませんが、自分の好きなことを見つけたりしてストレス発散法を見つけましょう。

夢などでハゲになる夢などを見ると危険なので別のことを考える行動をしましょう。

食事に気をつける

コンビニ弁当やインスタント食品ばかりだと、髪に必要な栄養素がバランスよく取れていないことが多い

健康な髪の毛にするためには、良質なタンパク質を含んだ食品を多く取ること

成長を活性化させるビタミンやミネラルを不足なく摂取することも大切

紫外線の浴び過ぎ

紫外線を浴びること、日光に当たることはストレス発散や気分転換に良いとされていますが、浴び過ぎはよくありません。

徐々に髪の毛が薄くなっている方は、地肌に直接紫外線量をあび悪影響となっています。

この紫外線での影響はすぐに抜け毛が始まることではなく、ある程度日にちが過ぎてから抜け毛が始まるので紫外線が原因だと気づきにくいので注意しておきましょう。

紫外線が原因で髪の毛が薄くなると、さらに紫外線のダメージを受けやすくなり悪循環とに陥りますので十分な注意が必要

その他の育毛ブログ情報などはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

口コミ

メールアドレスが公開されることはありません。